肌を出す前にやっておくこと

そろそろ春めいてきましたね。卒業式シーズンが終わり、まもなく入学シーズンがやってきて、それが過ぎると本格的な春、そして初夏。

そのころになると長袖から半袖へと服装も変わっていきますよね。となると、急に気になり出すのが、あのこと。そう、むだ毛の処理です!

昨年はイーモを買ってむだ毛を処理した私。その効果には満足してたけど、一つ勉強不足で後悔したことがあったんです。それは、日焼けをした肌に脱毛処理はできないってこと。そうなんです。ダメージを受けた肌にフラッシュ脱毛はしちゃいけない。というか、例えばカミソリで処理するんだとしても日焼けでダメージを受ける前に処理しておく必要があるといえますよね。

なので、昨年の反省を活かして、今年は早めに脱毛開始なのです。そのための秘密兵器が届きましたよ。

ジャジャーン♪この箱の中身はさて、何でしょう?

こ、これは!イーモの進化形(ポケモンじゃあるまいし)、イーモリジュです!

イーモからイーモリジュへ

昨年愛用していたイーモ、その効果に満足していたことは前にも書いたとおりなんですけど、この度発売になったイーモリジュは、さらにパワーアップしてるんですよ。なんたって光エステと同じ美顔器機能が付いたんです。そうと聞いたらつい、欲しくなっちゃって……。

箱の側面にわかりやすいガイドが載っていました。進化前のイーモって説明書とかがちょっとわかりにくかったんですよ。それに比べて、今回のイーモリジュは痒いところに手が届くって感じですね。

反対側にも。

中身はこんなです

箱を開けると、まずセット一覧の紙が入っています。

本体、取扱説明書、サングラス、脱毛用カートリッジ、電源コード、クーリングバック、そしてオプションとして本来別売りのスキンケア用カートリッジが付いています。

これが取扱説明書。

とても細かくていねいに書かれていて安心しました。イーモの場合は、WEBサイトも参考にしないとちょっとわかりにくいところもあったんだけど、このイーモリジュはいちいちパソコンを立ち上げなくても事足りそうです。

トリプルショットで優しい照射

中身を並べてみました。小さい、白い箱にはスキンケア用カートリッジが入っています。ちなみに脱毛用カートリッジは本体にセットしてありました。

ティッシュボックスと並べてみると本体がいかにコンパクトかわかります。

本体の蓋を開けるとこんなふうにハンドピースが収まっています。

このハンドピース(持ち手)部分の重さがたった120gなので、女性でも楽に扱えるんですね。

ちなみにほら、これが脱毛用カートリッジです。イーモは1度に2回照射するダブルショットまででしたが、イーモリジュではトリプルショットまで可能になったんですね。1回の照射の出力を抑え、3回に分けることで肌への刺激を抑えた優しい照射ができるってこと。これなら、初めての人でも安心ですよね。

レベル調節範囲が広がってうれしい

イーモ本体の操作ボタンです。「down」「up」「mute」の3つがあります。

そしてこちらが照射の強さが一目でわかるランプ。この調節範囲は10段階で、従来よりぐんと広くなったので低い出力から高い出力まで、使う人の好みや、使用する部位によって使い分けることができて安心ですね。ちなみに左の大きなボタンは電源スイッチです。

付属品について

これはスキンケア用カートリッジです。これ1個(8,400円)で20,000発のショットができるそうです。ちなみに、脱毛用カートリッジも同じく8,400円で、こちらは18,000発のショットができるんですが、これはものすごく経済的。前身のイーモと比べても、イーモの場合は6,000発でしたからね。1ショットあたりのコストがうんと安くなりました。イーモの場合、1ショットあたり1.4円で、それだって他の脱毛器やエステに比べたらものすごく安かったんですけど、さらにこのイーモリジュは1ショットあたり0.46円ですから。これでは、高いお金を出してエステに行くのはもったいない!

使わないときは、このカートリッジはこうして本体に収納可能です。

これは3D映画用のサングラス、ではありません。照射時の光が気になる人用のサングラスです。イーモにも付いてきましたが、私は使ったことないなあ。

そして保冷パック。これは意外に必需品です。イーモを使っていたとき、照射時には、パワーのレベルにもよるんですが、ちょっとピリッとした痛みを感じることもありました(イーモリジュはトリプルショットなので、そこまで感じないかもしれませんが)。でも、事前に保冷パックで冷やしてから照射すると、まったく痛みを感じませんでしたからね!

さて、それではお手入れの準備を始めるとしましょうか!

 

次のページ使用開始、その前にへ⇒

 

ケノン
↓全てがわかる↓
「脱毛器徹底比較表」

脱毛商品の下取りでお財布にもやさしい⇒>>ケノン公式サイト<<

Copyright (C) 家庭用脱毛器、私の【辛口】感想レビュー。. All Rights Reserved.