昨シーズンの脱毛成果

昨年、イーモリジュで脱毛をしていたおかげで、わたしのワキはすでにかなり脱毛の成果が出ています。まず左ワキ。前回お手入れしてから何週間か経っていますが、この通り、うっすらと数本生えてきてるだけです。ほかの箇所はもう生えてこないんです。

続いて右ワキ。こちらは、利き手でない左手で処理するせいか、反対側に比べて処理し切れていない毛が多めです。とは言ってもこの程度ですけど。

今シーズンはケノンを購入したので、残った毛の処理を徹底的にやってしまおうと思います。これで成功すればもしやワキの永久脱毛が完了するかもしれないと思うと俄然やる気が出て来ちゃいました。

6連射の安心感

ケノンの場合、フラッシュの回数が選べるんですが、わたしが購入に踏み切った大きな理由もそこにあります。

一番上の写真(左ワキ)を見てください。向かって右斜め上に、楕円形の茶色いシミがあるの、わかるでしょうか。実はこれ、以前に1回照射でやってしまったものなんです。照射前にちゃんと保冷剤で冷やしてから行うべきだったんですけど、「大丈夫、大丈夫」と、たかをくくって冷やしもせずにやった結果、軽いヤケドみたいな状態になっちゃったんですよね。で、その痕が残っているというわけです。まあ、わたしの不注意のせいなんですけど、そうは言ってもケノンの6回照射だったら1回ごとの刺激が少ないので、わたしのようなそそっかしい人間でもこういう事態がも避けられるんじゃないかと思って。

1回、3回、6回の選択

連続ショット回数の選択肢は1回、3回、6回の三つ。この中から好きな回数を選べるんですが、わたしはまずはやさしい6回を選ぶことにします。それから徐々に減らしていくことも有りだけど。

あ、ただし、忘れてはいけないことがありました。一つのカートリッジで脱毛のできる回数って上限があって、それに達すると使用できなくなるんですけど、この場合、ショット回数を6回にしていると結果的に脱毛できる回数は減ってしまいます。

また、脱毛のパワーを実感しやすいのは連射の少ないほうだというのも確かです。

痛みに弱い人は連射の多いタイプでやって、がんがん脱毛したい人は1発勝負というふうに、人のタイプや使用する部位によって使い分ければいいんじゃないかな。

 

次のページイーモリジュと比べてみましたへ⇒

 

ケノン
↓全てがわかる↓
「脱毛器徹底比較表」

脱毛商品の下取りでお財布にもやさしい⇒>>ケノン公式サイト<<

Copyright (C) 家庭用脱毛器、私の【辛口】感想レビュー。. All Rights Reserved.